患者と話している医者

高血圧とは

人間の心臓はポンプのように収縮して血液を体中に流す役割をもっています。
高血圧とは血液を押し出す圧力が一定以上に上昇したまま続いている状態のことをいいます。
その基準は上の血圧が140mmHg以上、下の血圧が90mmHg以上のいずれかに当てはまる場合とされています。
高血圧の人に早期治療が必要なのはこの状態が続いた場合徐々に臓器に影響が出はじめ、脳血管障害や心筋梗塞などを起こす確率が高くなると言われているからです。
高齢化が進む日本では2000から3000万人が高血圧と推定されていて肥満、糖尿病と共に警戒すべき病気となっています。
また一時的な高血圧になる原因として、運動、ストレス、外気温、飲酒、喫煙、入浴、など様々あります。
中には遺伝的に高血圧になりやすい人もいますが、ほとんどの人は肥満、糖尿病と考えられています。
日々の生活を記録し、自分だけの血圧を下げるためのメモ帳を作ることで高血圧による病気を防ぎましょう。

狭心症とは

狭心症とは発作的に胸の痛みや圧迫感などの症状を引き起こす病気です。
狭心症発作の起こり方として一般的には老作狭心症か安静狭心症があります。
狭心症 発作が起こる原因として血管が狭くなることにより心筋に十分な血流、酸素が送り込めないときに胸の痛みがおこります。

高血圧と狭心症の関係」

高血圧の状態が長く続くと全身に血流を送り出す心臓はより強い力が必要になり、心臓の壁が厚くなるという心肥大が起こります。
心肥大が進展すると心機能の低下につながります。
また高血圧が続くと冠動脈の動脈硬化が生じ、血管が狭くなったり詰まったりすると、狭心症が起こります。

アダラートについて

狭心症などに効く薬としてアダラートというものがあります。
これはカルシウムの作用を抑えて心筋の緊張を和らげたり冠動脈の内腔を拡げる働きをもった薬です。
そのため狭心症に効く薬となっています。
またアダラート 粉砕をし服用すると血圧が急激に低下する恐れがあるので粉砕して飲むのは危険と言われています。

ミカルディスについて

高血圧の治療にはミカルディスという薬が使われることがあります。
ミカルディスはアンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの降圧薬です。
ミカルディスには血圧を上げる「アンジオテンシンII」という体内物質を抑える効果があります。
これにより、体の血管が広がり血圧が下がります。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれるのはこのためです。
またミカルディスは副作用も比較的少ないため体への負担も少ないため注目されています。

記事一覧
高血圧では朝に目の腫れが出る 2019年11月04日

高血圧はいろいろな体の部位がむくんだり、腫れたりすることがあります。特に、朝起きた時に、目の腫れが気になるという方は、高血圧症である可能性が高いです。もちろん、高血圧ではなくても、人というのは朝起きたら目の腫れが目立つものです。ただ、そうした状態が長く続いたり、朝の目の腫れの度合いが高い場合は、高血...

有酸素運動が血圧コントロールに繋がる 2019年10月02日

運動には有酸素運動と無酸素運動というものがあります。ダイエットに効果的なのは多くの酸素を消費して行なう有酸素運動です。この有酸素運動ですが、実はダイエットに効果的というだけではなく血圧コントロールという働きもしてくれるのです。有酸素運動は心拍出量と交感神経系両方に効果があります。すると、体内では腎臓...

毎日の血圧チェックが大切 2019年09月14日

日本人が亡くなる病で多いのは一番はがんですが、二番目は心臓病になっています。この心臓病は日頃から気をつけておかないと、急に発症するため非常に怖い病気です。この病気の対策をするには、毎日の血圧チェックが大切です。血圧を毎日計って変動が起きていないか調べておくと、自分の体調変化を把握することができます。...

精神的なストレスは血圧が上昇します 2019年08月30日

心と身体は繋がっています。身体が不調であれば精神的にも元気がなくなりますし、精神的なストレスを感じていると、身体も不調が出てきます。心と身体は切っても切れない関係にあり、相互に影響し合っています。精神的なストレスがどのような症状として出るかは人それぞれです。抑うつ状態になる人もいますし、アルコールに...